FREE PLANET MUSIC WEB MAGAZINE Vol.18 | VIVA LOVE
2012.08.08 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


これまで2度の台湾公演を行ったVIVA LOVE。
不安の中で訪れた初めての台湾で、
彼等の意識を180度変えることとなった2つのフェスティバル。
これから始まる1ヶ月にわたる大中華ツアーを前に、
メンバー4人に心境を語ってもらった。

到現在為止已經在台灣參加過二次公演的VIVA LOVE。
在心懷不安中第一次到訪台灣後,
讓他們心態產生180度大轉變的是二個音樂節。
在接下來即將開始約為期1個月的大中華巡迴之前,
讓我們來聽聽團員4人聊聊他們現在的心情及想法。



────皆さんはこれまで、
           ROCK IN TAICHUNG 2011とSpringScream 2012に出演されて、
           2度台湾へ行かれている訳ですが、
           初めての台湾公演となったROCK IN TAICHUNGでは、
           ステージに立たれた時どのようなお気持ちでしたか?

────大家到目前為止,
           總共參加了2011搖滾臺中及春天吶喊2012的演出,
           雖然說已經來台灣二次了,
           但在第一次台灣公演的搖滾臺中時,
           站上舞台的那一刻有什麼樣的感覺呢?

峰:正直な所楽しみな気持ちよりも、言葉が通じない中で、
      僕達の音楽を受け入れてもらえのか? という不安はありました。
峰:老實說比起期待的心情,
      更是有著「在語言不通的當下我們的音樂是否能夠好好的被接受?」這樣的不安存在。


RIKI:演奏中は、言葉の通じないお客さんを目の前に、
        音楽の力で何か少しでも伝わればという想いでいっぱいでした。
RIKI:演奏的時候,在語言無法相通的觀眾面前,
        就算只有多一點點也好,要如何用音樂的力量傳達到大家的心裡,像這樣不斷的想著。



────言葉が通じない異国で、自分たちが受け入れてもらえるのか?というのは、
           海外で公演する時には必ず不安に思う事ですよね。

────在語言不通的異國裡,
           自己是否能被接受呢?像這樣的不安在海外公演時是一定都會有的呢。

TAKE:そうですね。
           不安を感じながら緊張もしていて…。でもそれ以上に興奮していました。
           お客さんの数と雰囲気に圧倒されたのをよく覚えています。
TAKE:沒錯。
           邊感受到不安邊緊張著…。不過興奮的心情遠比這些多。
           被觀眾數量及氣氛震憾到的感覺到現在還記得很清楚。


SHUNSUKE:「ここは台湾のステージなんだ」と思うと、とにかく鳥肌が立ちました。
                    あの日の空気感やステージからの眺めは今でも鮮明に覚えています。
SHUNSUKE:只要一想到「這裡是台灣的舞台呢」,立刻就會起雞皮疙瘩。
                    那天的空氣感及從舞台看到的景色到現在還鮮明的留在腦海中。



────初めての台湾公演ということもあって、緊張もされたと思うのですがどうですか?

────而且還是第一次的台灣公演,肯定讓人很緊張,大家覺得呢?

峰:メンバー全員が海外に行ったのが初めてで、
      その初の海外がライブだったという事もあって、少し緊張はしていましたね。
峰:團員大家都是第一次去海外,
      而這樣的初海外居然還有LIVE演出,真的是會有點緊張呢。


RIKI:でもお客さんの温かさで、緊張なんてすぐに吹き飛びました(笑)。
RIKI:不過觀眾的熱情和溫暖馬上就讓我們的緊張全部煙消雲散(笑)。


────台湾のお客さんはとても暖かく迎えてくれるので、嬉しくなりますよね。
           今回初めて台湾に行かれたわけですが、何か印象に残っていることはありますか?

────台灣的觀眾都很溫暖熱情的迎接你們,真的會感到很高興呢。
           這次雖然是第一次去台灣,有什麼讓你們留下特別深刻的印象嗎?

SHUNSUKE:初めての海外だったので、全てが新鮮だったし、
                    台湾の食べ物や文化、歴史にも触れる事ができて、
                    刺激的だったし良い勉強になりました。
SHUNSUKE:因為是第一次去海外,不管是什麼都覺得很新鮮,
                    台灣的食物和文化,還有歷史等等都能夠接觸到,
                    種種的刺激都成為我們良好的學習經驗。



────日本からも近い国ですが、
           実際に行ってみると知らない事もまだまだ沢山あると気づかされますよね。

────雖然是離日本很近的國家,
           但實際去了以後會發現還有很多事都是自己不知道的呢。

SHUNSUKE:そうなんですよね。
SHUNSUKE:是這樣沒錯。

峰:台湾の人の温かさもとても感じましたね。
峰:打從心裡的感受到台灣人的溫暖和人情味。

TAKE:言葉もわからない僕達に台湾の人達はすごく親切にしてくれて。
           それがとても印象に残ってます。
TAKE:台灣的大家對於語言不通的我們也都非常親切的對待,
           這個讓我留下非常深刻的印象。


RIKI:音楽的には、
        言葉が通じなくてもお客さんに僕らの音楽が伝わったという
        実感ができた事が印象的でしたね。
RIKI:以音樂層面來說,
        把我們的音樂傳達到語言不通的觀眾心裡的那種實感讓我很有印象。


SHUNSUKE:台湾のオーディエンスが音楽を大好きな事、やっぱりこれが一番だと思いますね。
SHUNSUKE:台灣的觀眾們都很喜歡音樂這件事,果然是讓我覺得最棒地方。

TAKE:ライブハウスでのLIVEの雰囲気がどこも素晴らしかったし。
TAKE:在LIVE HOUSE舉行的LIVE氣氛也讓我覺得非常好。



────台湾の人達の温かさに触れることができて、初の台湾ツアーは充実されたんですね。
           そして、2度目の台湾公演となったSpringScreamは、
           大自然の中で開催される野外フェスティバルだったわけですが、
           都市型フェスティバルのROCK IN TAICHUNGとはまた違った印象でしたか?

────接觸到台灣大家的溫暖,讓第一次的台灣巡演也變的相當充實呢。
           第二次的台灣公演春天吶喊2012是在大自然中舉行的野外音樂節,
           和都市型的音樂節搖滾臺中有什麼不同的印象嗎?

峰:SpringScreamでは、出演前に僕らのフライヤーを配って宣伝をしていたのですが、
      日本のこういったイベントとは大きな違いがありましたね。
峰:在春天吶喊的時候,演出之前為了宣傳所以我們在場內發送傳單,
      和日本的這種活動有很大的不同呢。


RIKI:日本ではなかなか受け取ってもらえなかったりしますけど、
        台湾ではフライヤーをほぼ全ての方が受け取ってくれて、
        しかも渡したフライヤーが一枚も捨てられていなかった事には感動しました。
RIKI:在日本大家都不太會拿,
        但是在台灣發傳單幾乎都會被收下,
        而且送出去的傳單一張都沒被丟掉真的讓我們覺得好感動。


TAKE:僕らのつたない呼びかけにも耳を傾けてくれて、
           さらにはその場でWebサイトを見てくれたお客さんもいて。
TAKE:對於我們笨拙的呼喊也會把耳朵湊上用心傾聽,
           並且在會場裡也有許多在網站上看過我們的觀眾。


SHUNSUKE:ここでも台湾の人の温かさを感じる事ができましたね。
                    大自然の中でのライブも最高だったし。
SHUNSUKE:在這裡也真切的感受到台灣人的溫暖呢。
                    在大自然中的演出最棒了。



────皆さんはこれまで2度台湾へ行かれて、
           海外で活動していくことへの意欲が以前よりも増したと思うのですが、
           皆さんそれぞれのアジアに対する想いというのは、
           台湾へ行かれる前と今とでは変わりましたか?

────大家到現在為止來過二次台灣,
           我想對於在海外舉行活動的意願應該比以前增加不少,
           不過大家各別對於亞洲的想法,
           在來台灣之前及來過的現在有產生改變嗎?

峰:全然違いますね。初めての時は、
      正直なところ不安が勝っていたんですが、今は希望しかないです!
峰:完全不同了呢。第一次去的時候,老實說不安勝過了一切,
      不過現在除了希望以外完全沒有其他的!


RIKI:海外で日本の音楽が受け入れられている事は少し認識していましたけど、
        ここまで台湾の人が熱い人ばかりとは思っていなかったので、
        台湾へ行く前と今とでは、印象が180°変わりました。
RIKI:雖然本來就對於在海外也能讓日本的音樂被接受這件事有了一點認知,
        但在那之前並不覺得台灣人幾乎都是如此熱情的人,
        所以在去過台灣之前比起來,現在的印象完全是180度的大轉變。



────やはり実際に行って、体感することが重要ですよね。

────果然實際去過之後的親身體驗才是最重要的呢。

TAKE:台湾に行くまでは、VIVA LOVEの歌が海外で通用するのかどうか不安もあったんです。
           でも実際にLIVEをしてみて、台湾のお客さんの熱気を肌で感じることが出来てからは、
           より強く台湾やアジアへの意識が高まりました。
           なにより、
           一回一回のLIVEでメンバー全員が自信を強めていったことは非常に良かったと思います。
TAKE:在去過台灣之前,對於VIVA LOVE的歌在海外是否通用這件事感到非常不安。
           不過實際試著演出之後,台灣觀眾散發出的熱氣連肌膚都感覺的到,
           讓我們想去台灣及亞洲的意識也變得更加高漲。
           比起這些,
           在一次又一次的LIVE中團員全員的自信也跟著越來越強這是非常好的一件事。



────回を重ねる毎に、不安が自信に変わっていったというのは、大きな変化ですよね。

────一次又一次反覆的,把不安轉換成了自信,是非常大的變化呢。

SHUNSUKE:日に日にアジアへの想いは強くなっています。
                    一度行って満足するのではなく、何度でも足を運んで、
                    音楽を通じてVIVA LOVEがアジアへ浸透していく事、
                    それを今は一番強く願っています。
SHUNSUKE:對於去亞洲的想法也是一天一天的變強。
                    只去一次的話無法滿足,不管幾次都要起而行,
                    通過音樂把VIVA LOVE滲透到全亞洲,
                    這是我們當前最大的願望。



────台湾へ行かれてそれぞれのアジアへ対する意識がより強くなったわけですね。
           そして次は、いよいよ中国大陸へ進出となるわけですが、
           今回は約1ヶ月に渡って、中国大陸と台湾でツアーを行うことが決定しましたが、
           この大規模なツアーを決定したきっかけみたいなものはあったんですか?

────能去台灣讓你們對接下去亞洲的意識應該更強了呢。
           接下來,終於也要進出中國大陸了,
           這次大概會花1個月的時間決定到中國大陸和台灣進行巡迴,
           但讓你們決定這樣大規模的巡迴演出是有什麼契機嗎?

峰:日本全国のライブツアーというのはどのバンドも実行している事ですが、
      日本全国と台湾や中国大陸を含むアジアツアーとなると、
      なかなかできる事ではないですよね。
      でも、僕らはこれまで2回の台湾ツアーで、
      音楽には国境が無いという事を実感し確信できたので、
      今回の大中華ツアーを皮切りに、
      約1年間にわたり日本全国を含むアジアツアーをする事を決めたんです。
峰:雖然在日本全國LIVE巡迴演出這件事是不管哪個樂團都可以實行的,
      但是在包含日本全國和台灣以及中國大陸的亞洲舉行巡迴,
      是不太能辦得到的呢。
      不過,我們在目前為止去的二次台灣巡迴中,
      更加的確信了音樂無國界這個事實,
      於是決定了將以這次的大中華巡迴為開端,
      開始約1年間於包含日本全國的亞洲巡迴演出。




────なるほど。
           1年に渡る大規模なツアーという事ですが、
           今回約1ヶ月間海外へ行かれる訳ですけど、
           海外ツアーを行うというのは、精神面や体力面等、
           色んな部分でパワーが必要かと思うのですが、
           やると決めた時はどんなお気持ちでしたか?

────原來如此。
           雖然是橫跨一年的大規模巡迴演出,
           但這次將有一個月的時間會在海外,
           在海外進行巡迴這件事,不管是精神面或是體力面等,
           各方面的毅力都是需要有的,
           在決定這件事的時候心情如何?

峰:不思議と、やると決めてからは腹がすわってる感じなんで、
      「やるぞっ!」っていうパワーしかなかった感じですね。
峰:很不可思議的,從決定要做之後一直都覺得很平靜,
      除了「要去了!」這樣的力量以外都沒了這樣的感覺呢。


RIKI:今回のツアーをやると決めた時は、精神面や体力面よりも、
        どれだけの人にVIVA LOVEの音楽が伝わるのかという、
        期待と気合いの気持ちの方が大きかったです。
        長期の海外ツアーが決まって嬉しい限りです!
RIKI:決定這次巡迴演出的時候,比起精神面或體力面,
        對於可以把VIVA LOVE的音樂傳達到怎麼樣的程度這件事,
        期待和充滿幹勁的心情更加強大。
        長期的海外巡迴演出決定這件事就讓人夠高興的了!


TAKE:始めての場所、しかも海外での長期ツアーということで、
           大丈夫なのか?とまわりから言われることもあります。
           でも、自分自身では不安よりも、「早くLIVEがしたい」という想いのほうが大きいです。
TAKE:「作為開始的地方,而且又是在海外的長期巡迴演出,
           真的沒問題嗎?」身邊也有不少人這樣說著。
           但是,自己本身比起那些不安,「想要快點舉行LIVE!」這樣的想法還要更強烈。


SHUNSUKE:なぜか不安はなくて、
                    できるなら「何ヵ月だってやってやる!!」っていう
                    本当にシンプルにそんな気持ちでした。
SHUNSUKE:不知為何並沒有不安,
                    而是只有辦得到的話「不管花幾個月都要去做!!」
                    這樣想著真的是非常單純的心情。



────皆さんが期待に満ちあふれていて、このツアーへの気合いも凄く感じられますね。
           どんなツアーになるのか楽しみですね!
           そもそも、最初に2度の台湾公演を行ったことによって、
           今回の中国大陸・台湾ツアーへの意欲も高まったかと思うのですが、
           台湾に行かれたことは、
           VIVA LOVEにとってとても大きな出来事だったんではないですか?

────大家充滿期待的表現,讓人感到這次巡迴演出的氣勢非常強大。
           到底會成為怎麼樣的巡迴我們也很期待呢!
           雖然一開始就有提到這二次的台灣公演讓這次去中國大陸及台灣巡迴的意願變得更強烈,
           但光是去台灣這件事,
           對VIVA LOVA來說不也是做了一件非常不得了的事嗎?

峰:本当にその通りです。
      日本人の僕らが台湾の大勢のお客さんの前で演奏し、
      僕らの熱い気持ちが伝わって、それが拍手や歓声という形で、
      何倍もの熱い気持ちとなって返ってきたあの衝撃は一生忘れられない出来事ですね。
      何回も言いますが本当に “伝わった!” と思えた瞬間でした。
峰:真的就像你講的那樣。
      日本人的我們在許多台灣觀眾面前演奏,
      把我們熱切的心意傳達出去,然後以拍手或是歡呼這種形式,
      再變成好幾倍後還給我們,那個衝擊是我一生都忘不了的。
      不管說幾次,真的是讓人徹底感覺到”傳達出去了!”的一瞬間。



────その最初の衝撃や感動は一番の支えになりますね。
           その時の気持ちを胸に、間もなく始まる大中華ツアーも楽しんできて下さい!
           では最後に、今回のツアーへの意気込みをお一人ずつお願いします。

────這種最初的衝擊和感動會變成最大的支持呢。
           請抱持著那時候的心情,好好的期待馬上就要開始的大中華巡迴演出!
           那麼最後,對於這次的巡迴請各自說出你們的內心的感想。

峰:やるからには本気で取り組んで、
      ただ“行った”というのではなく、次に繋げる“何か”を必ず成し遂げたいと思います!!
峰:要做的話就要認真的作到最後,
      並不是只有去了就好,而是要想要成為以後連結大家的羈絆!!


RIKI:今回の大中華ツアー、
        何よりもこれを読んでいるあなたのために全力でライブをします!!
        絶対に損はさせないようなライブをするので、近くにお住まいの人は見にきてね!
RIKI:這次的大中華巡迴,
        最重要的是要為了現在正在讀這篇訪談的大家盡全力的演出!!
        絕對是不會讓你敗興而歸的LIVE,住在那附近的人請務必要抽空來看看喔!


TAKE:一年間のアジアツアーの始まりとなる大中華ツアー!
           かなりタイトなスケジュールですが、
           全力で楽しみ、いいスタートにしたいと思います。
           そしてアジアにVIVA LOVEという名前を広めたいと思います。
TAKE:成為這一年亞洲巡迴起點的大中華巡迴!
           雖然只是最初的行程,
           但我們會盡全力給大家歡樂,想要變成最完美的開端。
           也希望可以把VIVA LOVE這個名字推廣到全亞洲。


SHUNSUKE:ほぼ毎日がライブになりますが、毎回100%出し切って、
                    それで死んでも構わない様な最高のライブにしたいです。
                    そしてまた沢山のオーディエンスに会える事を楽しみにしています。
SHUNSUKE:雖然幾乎每天都有演出,但次一場我們都會拿出100%的力量,
                    就算因此累死也無所謂的那樣要給大家最棒的LIVE。
                    接下來還會跟許多人相遇讓我非常期待。



WEB TV Vol.9 | VIVA LOVE COMMENT and LIVE VIDEO,”ナナイロネイロ(七彩音色)” MUSIC VIDEO




VIVA LOVE
G./Vo. 峰
G./Vo. RIKI
Ba./Vo. TAKE
Dr./Vo. Shunsuke

■LIVE SCHEDULE
日本流行搖滾樂隊VIVA LOVE大陸巡演


2012年08月12日(日) 山東省青島市 Downtown Bar
2012年08月15日(三) 江蘇省常州市 鍋爐房
2012年08月16日(四) 江蘇省南京市 古堡
2012年08月19日(日) 浙江省紹興市 紅糖罐
2012年08月21日(二) 浙江省杭州市 酒球會
2012年08月22日(三) 上海市 696live
2012年08月24日(五) 福建省福州市 胡思年月音樂酒吧
2012年08月25日(六) 台中市 創意生活節
2012年08月26日(日) 台北市 巨獸搖滾音樂節
2012年08月28日(二) 福建省廈門市 夢旅人
2012年08月29日(三) 廣東省廣州市 喜窩
2012年08月30日(四) 廣東省佛山市 西元酒吧
2012年08月31日(五) 廣東省珠海市 現場酒吧
2012年09月01日(六) 澳門特別行政區 LMA
2012年09月02日(日) 香港特別行政區 WANCH
2012年09月04日(二) 廣東省深圳市 紅糖罐
2012年09月05日(三) 湖南省長沙市 Freedom House
2012年09月07日(五) 江西省南昌市 黑鐵
2012年09月08日(六) 河南省鄭州市 7 Livehouse
2012年09月09日(日) 安徽省合肥市 在路上酒吧
2012年09月11日(二) 湖北省武漢市 VOX Livehouse
2012年09月13日(四) 北京市 愚公移山
2012年09月14日(五) 天津市 13 Club
2012年09月15日(六) 河北省石家荘市 地下絲絨
2012年09月16日(日) 內蒙古自治區呼和浩特市 NING Livehouse
2012年09月18日(二) 寧夏回族自治區銀川市 銅管Livehouse
2012年09月19日(三) 甘粛省蘭州市 后宮CLUB
2012年09月20日(四) 青海省西寧市 南墻聲音倉庫
2012年09月21日(五) 陜西省西安市 Coming Soon!!!

■LINK
Official:http://www.vivalove.jp
Facebook:http://www.facebook.com/vivalove.japan
Twitter:http://twitter.com/vivalovers
MySpace:http://www.myspace.com/vivalovemusic
Ameba:http://ameblo.jp/vivalovers
YouTube:http://www.youtube.com/vivaloveworld
INDIEVOX:http://www.indievox.com/vivalove
豆瓣:http://site.douban.com/vivalove
新浪微博:http://weibo.com/vivalovers