FREE PLANET MUSIC WEB MAGAZINE Vol.15 | 矢沢洋子(YOKO YAZAWA)
2012.07.18 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2度の台湾公演を経て、いよいよ中国大陸へ向かう矢沢洋子。
台湾での経験で得たものとは何か?
SpringScreamでのこと、アジアへの想い、そして初の中国大陸ツアーについて話を訊いた。


經歷了二次台灣公演,終於要前進中國大陸的矢澤洋子。
從在台灣的經驗中得到的東西是什麼呢?
在春天吶喊的事、前進亞洲的想法、以及關於首次在中國大陸巡迴的演出,讓我們來聽聽他怎麼說。


────SpringScream 2012の出演が決定して、
           2度目の台湾公演となったわけですが今回はフェスティバル出演の他に、
           ライブハウスでの公演もありましたが、
           台湾のライブハウスでの初公演はいかがでしたか?

────決定了在春天吶喊2012的演出,
           雖然這也成為了第二次的台灣公演,但這次除了在音樂節中演出以外,
           也有在LIVE HOUSE的公演,
           對於第一次在台灣LIVE HOUSE的演出感覺如何呢?

音楽に言葉の壁は存在しないと確信させられました。
台湾のお客さんはとても温かかったです。
LIVEしてるこっちが励まされたくらいでした。
なのでお客さんにはそれ以上の何かを持って帰ってほしかったので全力で叫びました。
それに対してお客さんは、何倍も大きな声で返してくれました。嬉しかったです。
LIVE後は立てない位疲れましたが、それ以上に充実感がありました。最高でした。

讓我更加確信了對音樂而言是沒有語言隔閤的這件事。
台灣的觀眾們非常熱情。
LIVE演出對我來說也會得到相當大的激勵。
正因為如此也希望觀眾們能夠帶著比這些還要多的東西回去所以我也盡了全力的嘶吼喊叫。
相對的觀眾也會用多好幾倍的大音量來回應我。非常開心。
雖然LIVE後累到連站都站不穩,卻得到了超越極限的充實感。實在是太棒了。



────日本のライブハウスと違った部分とかはありましたか?

────和在日本的LIVE HOUSE有什麼不一樣的地方嗎?

感覚的には日本のLIVE HOUSEとそんなに変わりませんでした。
と言っても今回は日本語が通じるSTAFFさんが居たからだと思いますが(笑)。

感覺上其實和日本的LIVE HOUSE沒有什麼不同。
雖然這樣說但我覺得應該是因為這次有會日文的工作人員在的關係吧(笑)。




────日本語スタッフが居ると、安心感がありますよね。
           昨年12月にROCK IN TAICHUNGに出演されて、
           2度目の台湾公演がSpringScreamということで、
           台湾のフェスティバルに2回出演されましたが、
           それぞれ場所も雰囲気も違ったフェスだったと思うんです。
           今回のSpringScreamは自然の多い中での演奏となりましたが、
           ステージに立ってみていかがでしたか?

────有會日文的工作人員在真的比較有安心感呢。
           去年的12月也在搖滾台中音樂節中演出,
           加上第二次台灣公演又是在春天吶喊,
           雖然參加了二次的台灣音樂節演出,
           但不同的場地也會是不同氣氛的音樂節。
           這次的春天吶喊是在大自然中演奏,
           站在舞台上時有什麼感覺呢?

ROCK IN TAICHUNGはサマソニ型の都市型ロックフェス、
SpringScreamはFUJI ROCK、朝霧JAM型の自然の中で楽しむロックフェスで、
お客さんの層も全くの別物でした。
ROCK IN TAICHUNG は地元の方や、音楽好きの若者達が多かったです。
SpringScreamはヨーロッパやアメリカからの移住してきたお客さんが多い気がしました。
だからモッシュ&ダイブの威力が半端じゃないんです(笑)。
米軍キャンプでLIVEしているみたいでした。米軍キャンプでLIVEした事ないけど(笑)。
ステージからの光景は圧巻でした。

搖滾台中是像SUMMER SONIC那樣都會型的搖滾音樂節,
春天吶喊則是像FUJI ROCK及朝霧JAM那樣在大自然裡盡情享受的搖滾音樂節,
客層也是完全不同的。
搖滾台中是在地人和喜歡音樂的年輕人比較多。
而我注意到春天吶喊是從歐洲和美國移住到台灣的觀眾比較多。
所以衝撞和DIVE的威力都不是半吊子的(笑)。
像是在美國基地裡舉行的LIVE一樣。雖然我也沒在美軍基地舉行過LIVE(笑)。
從舞台上看下去的風景是整場的精華。



────昨年出演したROCK IN TAICHUNGでの公演を観て、
           再びSpringScreamも観に来てくれたファンがいたんじゃないですか?

────也有去年看了你在搖滾台中的演出,
           又來春天吶喊看你的樂迷不是嗎?

LIVE後に「ROCK IN TAICHUNGで見ました。」
「追いかけてきて良かったです。」って言ってくれる方が何名もいてビックリしました。

在LIVE後聽到好幾個人跟我說「搖滾台中也有去喔。」
「有追來這裡看真的是太好了。」讓我嚇了一大跳。



────それは嬉しいですね。

────這讓人很開心呢。

「カッコよかったです。」「次はいつ台湾に来ますか?」とか言われると、
嬉しくてたぶんニヤニヤしてたと思います。
また台湾に行きたいです。

「好酷喔。」「下次什麼時候會再來台灣?」
被這樣說了以後因為很高興所以大概忍不住露出微笑了吧。
好想再去台灣。



────なるほど、SpringScreamでのライブが充実していたことが伺えます。
           前回のインタビューでは、
           「アジアで矢沢洋子のROCKは通用するのか? 自分の可能性を信じて突き進みたい」
           とおっしゃっていましたが、
           2度の台湾公演を終えて改めて感じたことはありますか?

────原來如此,看來在春天吶喊的演出相當充實。
           在上一次的訪談中有提到
           「在亞洲矢澤洋子的搖滾也通用嗎?想要相信自己的可能性繼續突破」,
           結束二次的台灣公演後有改變想法的地方嗎?

白い紙に自分で好きな絵を描く感覚と同じですね。
うまく描けて、それが人に評価されたら当然嬉しいですよ。
しかも台湾の方には、私の前情報はほぼ無い状態ですから。
ただの1アーティスト。
それがLIVE後にたくさんの拍手、歓声に包まれたら嬉しくない訳が無いです。
台湾の皆さんは音楽に素直で素敵です。

就跟在白紙上畫上自己喜歡的圖一樣的感覺呢。
畫的很好,這樣被別人評價的話當然很開心唷。
而且在台灣這邊,幾乎是沒有我以前情報的狀態。
只是一個藝人。
這樣在演出後被許多掌聲、歡呼所包圍的話說不開心是不可能的。
台灣的大家對音樂的率直表現真的很棒。




────2度の台湾公演を果たして、次はいよいよ中国大陸への進出となりますが、
           上海で開催されるZEBRA MUSIC FESTIVALへの出演が
           決まった時はどんなお気持ちでしたか?

────完成了二次的台灣公演,接下來終於要開始前進中國大陸,
           當決定可以參加在上海舉行的熱波音樂節演出時心情感覺如何呢?

嬉しかったですね。
でも逆に、
「えっ?私で良いんですか?中国大陸行った事ないですよ?…でもやります!!」みたいな(笑)。
なんでも、台湾での活動が効いたのだとか。
どこで見られてるかわかりませんね(笑)。
でもせっかく選んで頂けたので、日本の女のROCK魂を中国に叩き込んできます!

很開心呢。
不過相反的也會
「咦?我可以嗎?我沒去過大陸喔?…不過我要去!!」像這樣想著(笑)。
不管怎麼說,是在台灣的活動發揮效果了吧。
在哪裡看到的我也不知道(笑)。
不過難得被選上了,就要把日本女子的搖滾靈魂打進中國人的心裡!



────今回もフェスティバル出演の他に、ライブハウスでの公演もありますよね。
           初の中国大陸ツアーはどういったツアーにしたいですか?

────這次也是除了音樂節的演出外還有在其他LIVE HOUSE的公演呢。
           第一次的中國大陸巡迴想要做怎麼樣的巡迴呢?

せっかく中国に行けるのにZEBRA MUSIC FESTIVALだけでは勿体ないなと思っていたら、
STAFFさんから中国大陸のLIVE HOUSEでLIVEやってみる?みたいな話があったので、
即OKしました。
何事もやってみないと、どうなるかも分からないですからね。
今から全部が楽しみで仕方ないです。

難得去了中國當然不想要只有參加熱波音樂節的演出,
所以當工作人員那邊提了要不要也在LIVE HOUSE舉行LIVE試試看?這樣的想法時,
馬上就答應了。
因為什麼都沒有試過,會變成怎麼樣也不知道呢。
從現在開始全部都充滿期待也是沒辦法的事。



────初の中国大陸ツアーですからとても楽しみですね!
           今回のツアーで何か楽しみにしていることがあれば教えて下さい。

────因為是第一次的中國大陸巡迴所以非常期待呢!
           對於這次巡迴如果有什麼正在期待著的事情請告訴我們。

アジア市場に挑戦する事自体が楽しみです。
日本も広く深い世界ですが、まだまだ日本以外に視野を広げれば挑戦できるフィールドはある。
挑戦できるんだったら挑戦したいじゃないですか?
若い時は攻めたい。攻めなきゃ意味が無いんです。
守る事は10年後、20年後でもできる。正直まだ守るモノもそんなに無いので(笑)。
攻める時期も2年後、5年後じゃ遅いんです。
「やっぱり挑戦したかったなぁ~」と思うのは納得できないので。

對於挑戰亞洲市場這件事本身很期待。
雖然日本也是一個又深又廣的世界,但在日本以外還有許多可以挑戰讓視野變得更寬廣的領域。
可以挑戰的話難道不想挑戰嗎?
想趁年輕的時候進攻。不進攻的話就沒意義了。
防守的事在10年後、20年後還是可以做。講真的也還沒有需要守住的事物就是了(笑)。
進攻的時期再過2年後、5年後就太遲了。
因為如果到時候才覺得「還是想要挑戰啊~」就來不及了呢。



────挑戦し続ける洋子さんの、今後の活躍に期待が高まりますね。
           では最後に、
           FREE PLANET MUSIC WEB MAGAZINEを読んでいる皆さんに
           メッセージをお願いします。

────想要持繼挑戰的洋子,今後的活躍也讓人有很高的期待。
           那麼最後,
           請給現在正讀著FREE PLANET MUSIC WEB MAGAZINE的大家一句話吧。

インタビューをご覧の皆さま、こんにちは矢沢洋子です。
7月21日に中国大陸の上海で開催される
ZEBRA MUSIC FESTIVALに出演させて頂く事になりました。
中国大陸最大級のROCK FESに出演出来る事を心から光栄に思います。
日本の女のROCK魂がどこまで通用するか今から楽しみです。
全力で行きますので、是非LIVEに遊びに来てください。
叫んで、暴れて、楽しみましょう!
初めて矢沢洋子のLIVEを観る方も、私に付いて来てくれれば大丈夫です!

正在看這篇訪談的大家,你們好我是矢澤洋子。
我將會參加7月21日在中國大陸上海所舉行的熱波音樂節演出。
能夠在中國大陸等級最大的搖滾音樂節中演出真的讓我打從心底感到非常光榮。
日本的女子搖滾靈魂到哪裡都通用嗎從現在開始我會很期待。
我會盡全力去做,請大家一定要來LIVE玩喔。
一起嘶吼、暴動、玩的開心吧!
第一次來看矢澤洋子LIVE的人,請把自己交給我吧沒問題的!


それでは中国大陸でお会いしましょう!
那麼就讓我們在中國大陸見面吧!

謝謝。
謝謝。

WEB TV Vol.6 | 矢澤洋子 COMMENT and LIVE in 春天吶喊2012


■LIVE SCHEDULE

2012星尚熱波音樂節
時間:2012/7/21 18:00~18:30@大地舞台
場地:上海金山城市沙滩
票價:單日票CNY150/預售票CNY120
http://www.myzmf.com/2012xingshang/
http://www.myzmf.com/2012xingshang/?page_id=59

“Give Me Rock”日本搖滾歌姬矢澤洋子大陸巡演北京站
時間:2012/7/22 20:30~23:00
場地:北京愚公移山
票價:CNY50
嘉賓:指人兒
http://www.yugongyishan.com
http://www.douban.com/event/16787967/

■LINK
Official:http://www.yokoyazawa.com
Excite Blog:http://blog.excite.co.jp/yokoyazawa
Twitter:https://twitter.com/yokookoy85
Facebook:http://www.facebook.com/yokoyazawa
MySpace:http://www.myspace.com/yokoyazawa
YouTube:http://www.youtube.com/GARURURECORDS
INDIEVOX:http://www.indievox.com/yokoyazawa
豆瓣:http://site.douban.com/yokoyazawa
新浪微博:http://weibo.com/yokoyazawaofficial