FREE PLANET MUSIC WEB MAGAZINE Vol.14 | Funnynoise
2012.07.10 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


’99年結成の4人組ロックバンドFunnynoise。
’08年に北京ツアーを行った彼等が、遂に初の台湾ツアーへ!
彼等の抱くアジアへの想い、NEWアルバムへ込めたものと、
初の台湾公演への意気込みを訊いた。

’99年結成的4人組搖滾樂團Funnynoise。
’08年在北京舉行巡迴演出的他們,終於要前往台灣首次巡迴!
讓我們聽聽他們對於進軍亞洲的想法、新專輯的理念、
還有首次到台灣公演充滿幹勁的發言吧。


────FREE PLANET MUSIC WEB MAGAZINE初登場ということで、
           自己紹介をお願いします。

────初次在FREE PLANET MUSIC WEB MAGAZINE中登場,
           請大家作個簡單的自我介紹。

一同:台湾の皆さん、はじめまして!
一同:台灣的大家、初次見面!

チェンハー:bassvocalのチェンハーです。
Qianhe:我是主唱兼貝斯手的Qianhe。

サヤコ:guitarのサヤコです。
Sayacoxxx:我是吉他手Sayacoxxx。

shin:同じくguitarのshinです。
shin:也是吉他手的shin。

周太郎:drumの米盛周太郎です。
周太郎:我是鼓手米盛周太郎。


────皆さんは、これまでに中国大陸にも行かれたことがあるとのことですが、
           確か北京での公演でしたよね? その時のライブはどんな感じだったんですか?

────大家在這之前也去過中國大陸,
           是在北京舉行的公演吧?對於那時候的LIVE有什麼感覺呢?

周太郎:やっぱりねぇ、凄いんですよ、呑みが。
            最初は居酒屋さんで呑んでて、その後が友達いっぱいいる家に連れてかれて。
            結構衝撃的な話も聞いて、僕も暴れてましたね(笑)。
            でもみんなすごい優しいんでビックリしました。ちょっと兄貴な感じで。
            私生活もカッコ良いんでビックリしちゃいましたね。

周太郎:果然很厲害呢,喝酒。
            一開始是在居酒屋喝,之後還帶我們去有很多朋友在的家裡。
            結果聽到了很多衝擊性的話,讓我也暴走了(笑)。
            不過大家都很溫柔我嚇了一跳。有點像哥哥那樣的感覺。
            私生活也那麼帥氣真是讓人大吃一驚呢。



────皆さんは以前、中国大陸にも行かれて、今度は台湾ということなんですが、
           アジア進出ということについては以前から興味があったんですか?

────大家以前去了中國大陸,這次又要來台灣,
           關於進出亞洲這件事是從之前就一直有興趣的嗎?

周太郎:自分の感情の揺り幅をバンドにも押しつけて、
            客にも同調させようとしてた感もあるんですね。
            そこにスリルがあると思ってやってるんですけど、
            日本でついてくる人はあんまりいなくて。当たり前の様に。
            痛い思いをしたいっていうか、誤解を生む言い方をすれば、見捨てられたいすごく。
            それによってすごいエネルギーをもらえるから。
            もっと傷つきたい。そしたらもっと喜べる。
            思春期的な衝動ですけど、
            まず自分を痛めつけることで生きてる快感を得るっていうものがあるじゃないですか。
            それに近いのかもしれないですね。あまり考えたくないですけど…
            でもアジアの人は感覚も割と近いのかなあとも思ってて。

周太郎:把自己感情的擺幅放到樂團身上,
            也希望觀眾可以有贊同的感覺。
            雖然想著在那裡會有冒險等著,
            不過在日本也不太有人跟隨著。這是理所當然的。
            想做點痛苦的回憶什麼的,如果說法讓人產生誤解的話,特別想被棄而不顧。
            根據那些可以得到很多力量。
            想要更受傷。那樣的話就會更加喜悅。
            像是青春期的衝動,
            不過首先把痛苦諸加在自己身上而得到活著的快感這件事不是也有嗎。
            也許像是這樣也不一定。雖然不太想考慮…
            不過我覺得亞洲人的感覺是不是意外的相近呢。



────日本では感じられないもの、異国の地だからこそ感じられるものがありますからね。
           今回は初の台湾公演ということで、ツアーが決まった時はどんなお気持ちでしたか?

────也有在日本無法體會到的事物,卻能夠在別的國家體會到的事物呢。
           這次是第一次在台灣公演,決定巡迴演出時的心情如何?

周太郎:恐ろしくテンパってますね。
            メンバーもお互いそんな感じで。
            一緒に不味い飯を食ってた仲なんで、
            現実感がないよね、寝れないね、みたいな話を今日もしてましたね。

周太郎:膽顫心驚的聽著牌呢。
            成員彼此也是那樣的感覺。
            今天一起吃著食之無味的飯,
            沒有實感呢,睡不著呢,像這樣的話今天也一直說著。



────行くまでなかなか実感は沸かないものですよね。
           チェンハーさんは、中国大陸に留学していたということなんですが、
           そのことも中華圏でライブをするということの
           きっかけになっていたりするんでしょうか?

────在真正去了之前實感是不會出現的呢。
           Qianhe曾經在中國大陸留學過,
           但那是成為在中華圈LIVE的契機嗎?

チェンハー:そうですね。
                 私が音楽してて、私なりの“本物!”と思える瞬間を初めて目の辺りにしたのが、
                 北京のアンダーグラウンドシーンでした。
                 言葉にすると壊れそうなのでやめときます。
                 いい経験しました。

Qianhe:沒錯呢。
             我玩音樂,第一次覺得是”真貨!”的瞬間是在北京的地下世界。
             因為用言語說出的話會像快要壞掉那樣就算了。
             是很好的經驗。



────今回、7月13日からの台湾公演に合せて、
           12曲入りのアルバムを台湾でリリースされるとのことですが、
           このアルバムはどういった内容になっていますか?

────這次為了配合從7月13日開始的台灣公演,
           將會在台灣發行收錄12首歌曲的專輯,
           這張專輯裡面有什麼樣的內容呢?

周太郎:今回のアルバム『wanderlust』は、“皆さんに捧げる”感じですよ。
            僕らのもんじゃない感じが凄いする。
            だからリスナーの人にどう聴いて貰ってもいいっていうか。
            一回ここで間口を広げてみてもいいかなっていうか。

周太郎:這次的專輯『wanderlust』是“獻給大家”的感覺喔。
            特別感到不是我們東西的感覺。
            因此請聽眾怎麼聽都可以吧。
            在這裡可以試著拓寬一次正面的寬度不是嗎。



────前回のアルバムから収録した曲もあるんですか?

────也有從之前的專輯中收錄進來的歌曲嗎?

周太郎:ないですね。
            自分の中でのロックというものに、もう完全に疲れてきてるというか。
            だからメンバー全員が現時点で凄い興奮できるものとか、楽しいと思えるもの、
            その興奮を伝えるっということの方が多分一番伝わるのかなと思って。
            メロディは ちゃんと生き物として扱わないと、
            感情としては伝わらないんじゃないかっていうね。

周太郎:沒有喔。
            對於自己心裡的搖滾是不是已經感到完全疲憊了呢。
            因此將此時此刻團員大家所能感到超興奮的事和認為開心的事等等,
            我覺得把這份興奮的心傳達出去這件事應該是最有用的。
            旋律不能好好的作為生物被需要著,
            作為感情卻不是不能被傳達出去的不是嗎。



────なるほど。
           今のFunnynoiseが詰め込まれたアルバムということですね。楽しみです。
           今回の台湾ツアーは、台北と台中の2カ所で行われますが、
           各地で楽しみにしていることはありますか?

────原來如此。
           是濃縮了現在的Funnynoise在專輯裡面這樣的感覺吧。很期待。
           這次的台灣巡迴是在台北和台中二個地方舉行,
           對於在各地也有正期待著的事情嗎?

チャンハー:私は個人的に10年ぶりの台湾なので、
                 どんな風に変わったか見るのも楽しみ!
                 そして、台湾の可愛い女の子をcheckしたい♪

Qianhe:對我個人而言這次是隔了10年又來到台灣,
             不知道變成了什麼風格讓我很期待!
             還有想要看看台灣可愛的女孩子們♪



────台湾の女の子はみんな可愛いですからね〜。

────台灣的女孩子大家都很可愛呢。

チャンハー:そうなんですよね。あ! あと夜市!!
Qianhe:沒錯。啊!還有夜市!!

shin:台湾は初めてなので食べ物が合うか心配ですが、
         LIVE後にみんなで旨い酒を飲むのが楽しみです!
shin:因為台灣是第一次去所以擔心食物是不是合胃口,
         不過很期待LIVE後大家一起去喝美酒!



────ツアーといえば、やっぱり打ち上げで飲むお酒が楽しみでもありますよね(笑)。

────說到巡迴演出的話,果然對於在慶功宴上喝的酒充滿期待呢(笑)。

サヤコ:台湾って沖縄に一番近い外国なのに、行ったことがないんですよね。
            それが旅行じゃなくてバンドのメンバーで行くとは(笑)。

Sayacoxxx:台灣明明是離沖繩最近的國家卻沒有去過呢。
                  這個不是旅行而是以樂團的成員去吧(笑)。



────旅行で行くよりも台湾の人とも触れ合う機会が多いでしょうし、
           貴重な体験ができそうですよね。

────比起去旅行跟台灣的人有更多可以接觸的機會吧,
           可以成為貴重的體驗呢。

サヤコ:本当に楽しみですねー。進んでるんだろうなぁ~。

Sayacoxxx:真的很期待呢。正在前進著吧~。


────皆さんは今後もアジアでの活動を考えていますか?

────大家以後也有考慮在亞洲的活動嗎?

一同:もちろんです!
一同:那當然!

周太郎:なんか異国のね、
            夜中のラジオから流れてきた音楽をヘッドホンで聴いて、
            言葉もわからなかったけどなんとも言えない感動、
            気持ち、感覚を味わったんですよ。
            たぶん、それを追い求めてるんです。
            自分でそれを発信する側にまわりたいっていうか。
            自分を揺り動かした何かっていうことは信じれるひとつのものなんですよね。
            心っていうものがもしあるとしたら、
            そこが痒くなるっていうか、ツーンとする、
            そういうものを異国の皆さんに感じてもらいたいっていうのはあります。
周太郎:畢竟是在別的國家呢,
            夜裡用耳機聽著從收音機播出的音樂,
            雖然是聽不懂的語言卻有著說不出的感動、
            心情和感覺喔。
            大概這就是我所追求的。
            希望自己能轉到發言的一方。
            說是動搖自己什麼的能夠相信的一個東西喔。
            如果是有心的東西的話,
            像是哪裡變得癢癢的那樣,而皺緊眉頭,
            這樣的事是想讓異國的大家都感同身受的。



────それでは最後に、台湾ツアーについての意気込みを一言ずつお願いします。

────那麼最後,關於台灣的巡迴請鬥志滿滿的說一句吧。

周太郎:じゃあ台湾のみんなの素晴らしい毎日と、
            これからの日常と、俺達を応援する心と…それを全て全部凝縮したライヴやる!
周太郎:那麼台灣的大家美好的每一天,
            現在開始的日子,還有為我們加油的心…
            讓我們做場濃縮這些全部的LIVE吧!


サヤコ:台湾でバンドの友達をつくる!
            あと、セカンドアルバムもかなり素敵な仕上がりになってるので皆に聞いてほしい!
Sayacoxxx:想在台灣交到玩樂團的朋友!
                  還有第二張專輯也很棒希望大家都可以聽看看!


チェンハー:台湾料理食べていいLIVEするぞー! 買い物もするぞー!
Qianhe:吃台灣料理做一場最棒的LIVE吧!也要去買東西!

shin:次もまた台湾でLIVE出来るようにおもいっきりやります!
         台湾の皆さん是非LIVEに来てください!
shin:為了下次還能在台灣LIVE這次要盡情地做!
         台灣的大家請務必要來LIVE玩!



WEB TV Vol.5 | Funny noise COMMENT and “view view view” MUSIC VIDEO


Funnynoise
チェンハー(Qianhe) / Bass,Vocal
サヤコ(Sayacoxxx) / Guitar,Vocal
知名新(shin) / Guitar,Vocal
米盛シュウタロウ(米盛周太郎) / Drum,Vocal


Funnynoise / WANDERLUST
01.View View View
02.Girls Experience
03.Lisa
04.Vampire lounge
05.How many times?
06.Aloha Wednesday
07.Roller Coaster
08.Watergun
09.Green Bug
10.Yellow
11.Tambourine A Go Go
12.Folks And Knives
發行日2012.08.01. / 批發價: 200 / 編號FPML-007 / 國際條碼4717954161768
總經銷:禾廣娛樂股份有限公司 / 代理發行:浮現音樂藝文有限公司
製作:自由惑星音樂聯盟 / 版權提供:girls experience

■LIVE SCHEDULE

2012年07月14日(六)
台北.地下社會(Underworld)
台北市大安區師大路45號B1
http://www.underworld-taipei.blogspot.com
http://www.facebook.com/underworldtaipei
Open/Start 21:00 / 300NTD
Artist Funny noise / and more…

2012年07月15日(日)
台中.浮現藝文展演空間(EMERGE LIVE HOUSE)
台中市龍井區新興路55巷12號
http://www.emerge.com.tw
http://www.walkieticket.com/product.aspx?P1=0000000864
Open/Start 16:00 / Advance 250NTD / Door 300NTD
Artist Funny noise / 白目 / GABA

■LINK
Official:http://funnynoise.web.fc2.com/
Blog:http://qianhe.ti-da.net
Twitter:https://twitter.com/funnynoise_okn
Facebook:http://www.facebook.com/Funnynoise
MySpace:http://www.myspace.com/funnynoiseworld
豆瓣:http://site.douban.com/funnynoisemusic
新浪微博:http://www.weibo.com/funnynoisemusic