FREE PLANET MUSIC WEB MAGAZINE Vol.13 | channeling!!!
2012.07.04 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


女性3ピースバンドchanneling!!! 2度の台湾公演を経て彼女達は何を感じたのか?
海外ツアーを通じて感じた想いと、新たな1歩となる自主企画について語ってもらった。

女子三人組樂團Channeling!!!在經歷了二次台灣公演過後的他們有什麼感想呢?
關於到海外巡迴的回憶、還有踏出新一步的自主企劃,讓我們看看他們怎麼說。


────2度目の台湾公演ということでSpringScream2012へ出演されて、
           今回は昨年のSpringScreamで観てくれたファンの皆さんの為に
           CDをリリースしての公演となりましたね。
           反響はいかがでしたか?

────做為第二次台灣公演而參加了春天吶喊2012的演出,
           這次是為了去年來春天吶喊看你們的大家發行CD的公演呢。
           迴響如何?

AKIKO:昨年のSpringScreamのステージを観てくださった皆さんももちろんですが、
            このCDは、今後のchanneling!!!の活動を通して出会う、
            そして出会いたい全ての方に聞いてもらえたらと願って作りました!
            そんな想いを込めてリリースをしたアルバム『111』が
            毎回のライブで買ってくれる方がいるので嬉しい限りです。
AKIKO:去年春天吶喊有來我們舞台看演出的人當然不用說,
            不過這張CD是以為了想給今後透過channeling!!!活動和我們相遇,
            還有想遇見的所有人聽的這種心情下去製作!
            包含著這些想法發行的專輯『111』還有每次來看我們LIVE就會買一張的人真的是非常開心。


YUKARIN:『111』は、日本よりも先に台湾で先行発売されたので、
                 記念すべき1枚目を買ってくださったのは、台湾の方だったんですよ!!
                 歌詞カードに3人のサインをプレゼントしたり、
                 一緒に写真を撮ったりして、とても嬉しかったです。
YUKARIN:『111』比起日本則是早一步在台灣先行販售,
                 所以買到充滿記念性第一張的人可是台灣人喔!!
                 在歌詞本上有三人的簽名做為禮物,
                 還一起拍了合照,真的很高興。



────異国の地で自分たちのCDが売れるのは嬉しいことですよね!
           今回はSpringScreamの他にライブハウスでの公演もありましたが、
           日本のライブハウスでの公演と違った部分とかはありましたか?

────在別的國家可以賣自己的CD真的是一件很開心的事呢!
           這次除了春天吶喊以外在其他LIVE HOUSE也有公演,
           和在日本的LIVE HOUSE有什麼不一樣的地方嗎?

AKIKO:もちろん、見えてくる景色や言葉や匂いなどは日本とは違いますが、
            演奏する私達としては場所がどこであれベストを尽くすことに変わりはないので、
            そういった意味で違いはないかな。
AKIKO:當然,看得到的景色、說的話、味道等雖然都和日本的不同,
            但對於演奏的我們而言不管場地是哪裡都要盡力的做到最好這件事是不會改變的,
            所以某種意義來說並沒有不一樣呢。


AKEMI:台湾はライブハウスというよりbarでのライブだったから、
            音量の制限があって大変だったけど、
            普通にお酒を飲みに来た人達がうちらのライブを見て盛り上がってくれて、
            そういう雰囲気は台湾ならではでしたね。
AKEMI:因為在台灣的LIVE比起在LIVE HOUSE更像是一個像BAR的地方,
            所以有音量限制這個有點麻煩,
            不過像平常那樣為了喝酒而來的人看了我們的LIVE後也開始一起嗨,
            這樣的氣氛是只有台灣才有的。




────なるほど。
           前回のインタビューでもおっしゃっていましたが、
           昨年のSpringScreamに出演されて、
           今回念願である2度目の台湾公演を果たした訳ですが、
           再びSpringScreamのステージに立った時はどんなお気持ちでしたか?

────原來如此。
           雖然前一次的訪談中也提到過你們參加了去年春天吶喊的演出,
           這次又達成心願完成第二次台灣公演,
           再一次站上春天吶喊的舞台時有怎麼樣的心情呢?

AKEMI:「やってやるー!」って感じ。
AKEMI:「讓我們大幹一場!」的感覺。

YUKARIN:そう!「完全燃焼してやるー!」って勢いでね。
YUKARIN:對!以「燃燒全部吧!」這種氣勢呢!

AKIKO:昨年のSpringScreamから歩み続けてる過程の一つとして、
            『成長』ということが感じられる様に、その時のベストを尽くす事しか考えてなかったです。
            それと、なんとしてもCDをいっぱい売ってくる!っていう意気込みで臨みました!
AKIKO:去年的春天吶喊以來作為今後繼續往前邁進的過程之一,
            希望能夠體會到『成長』這件事,這個時候除了做到最好以外什麼事也沒想。
            還有,不管如何CD也要賣出很多張!帶著這種意念上場了!



────今回のSpringScreamでのライブはいかがでしたか?

────這次在春天吶喊的LIVE如何?

AKIKO:セッティング中はほとんど人がいなかったんですが、
            ライブが始まったら沢山の人が見に来てくれて純粋に嬉しかったです!
AKIKO:雖然試音的時候幾乎完全沒有人,
            不過LIVE開始後就有許多人來看我們真的是純粹的從心裡感到很高興!


AKEMI:それがSpringScreamのいいとこだね。
AKEMI:這個就是春天吶喊好的地方呢。

YUKARIN:大きなステージだから見晴らしがよくて、
                 遠くにいる人がchanneling!!!のステージに集まってきてくれるのが見えるんだよね。
                 夜の野外ステージは気持ちよかった!
                 あと、『ダージャーイーチーチャン』できたのが感動的だったな!!
YUKARIN:從大舞台上眺望,
                 可以看到本來在遠處的人都為了看channeling!!!而開始聚集到舞台前。
                 晚上的野外舞台感覺超棒!還有完成了『DA-JYA-I-CHI-CHAN(大家一起唱)』真的好感動!!



────『ダージャーイーチーチャン(大家一起唱)』というのは皆と一緒に歌うということですよね。
           それは感動的なシーンだったと思います。

────『DA-JYA-I-CHI-CHAN(大家一起唱)』是大家一起合唱的意思吧。
           這個肯定是很令人感動的場面。

AKIKO:そうですね。
            今回リリースした『111』は本当に沢山の人のお陰で誕生する事が出来たので、
            その方々が作品に注ぎ込んでくれた“想い”を乗せて、
            私達がこれからもしっかり演奏する使命があると思ってます。
AKIKO:沒錯。
            這次發行的『111』真的是託很多人的福才能順利誕生,
            背負著這些從各方注入作品裡的”意念”,
            也讓我們有從今以後都要好好演奏的使命存在。




────海外ツアーへ行くと、日本で活動してるだけでは見えなかった景色が見れたり、
           人との繋がりを感じたり、新しい出会いもあり発見もあり、良い刺激になりますよね。
           そんなツアーの楽しみといえば、食事だったり観光だったりすると思うんですが、
           2度台湾に行ってみて気に入った場所とか食べ物はありますか?

────去海外巡迴可以看到許多只在日本活動時所看不到的景色,
           感受到人與人之間的連繫,有新的相遇新的發現,會成為非常良性的刺激呢。
           說到巡迴所期待的事,雖然會馬上想到美食或觀光,
           但試著去過二次台灣後有特別喜歡的地方還是食物嗎?

AKEMI:あたしはあの八角の匂いというか味が大好き。
            ふと八角の味を感じると胸がきゅんきゅんするくらい。
AKEMI:我喜歡八角的香味。
            偶然想起八角的香味時胸口就會悸動那樣的喜歡。


YUKARIN:あたしは苦手だな(笑)。でも、牛肉麺はおいしかった!
YUKARIN:我無法(笑)。不過牛肉麵超好吃!

AKIKO:あとはフルーツが美味しかった!
AKIKO:還有水果也好好吃!


────台湾は本当にフルーツが美味しいですよね。

────台灣的水果真的很好吃呢。

YUKARIN:毎日フルーツジュースを飲んでました(笑)。
                 一番おいしかったのはキウイジュースかな!
YUKARIN:每天都有喝果汁(笑)。
                 最好喝的應該是奇異果汁!


AKIKO:あとは、台湾の活気、スクーターの熱気、夜の街が好きです!
AKIKO:還有台灣的活力、摩托車的熱氣跟夜晚的街道都很喜歡 !

YUKARIN:あたしも台湾の街並み好きだなぁ。
                 昔の日本っぽい雰囲気を感じる建物があったかと思えば、
                 都会からちょっと車で走ると辺り一面パイナップル畑になってて、
                 日本では見られない風景だな~なんて思ったのを覚えています。
YUKARIN:我也喜歡台灣街道排列的感覺。
                 有像以前日本那種氣氛的建築物,
                 從都市來的車開在一邊,另一邊則是有鳳梨田,
                 是在日本看不到的風景呢~現在也記得著。



────一面に広がるパイナップル畑だなんて、とっても素敵ですね。
           東京に居ると見れる景色ではないですからね…。

────有一整片寬廣的鳳梨田什麼的真的非常棒呢。
           因為是住在東京看不到的景色所以…。

AKIKO:そうですよね。あとは、オープンちゃん大好き!! 可愛い!
AKIKO:就是說啊。還有,超喜歡OPEN小將!!好可愛!

YUKARIN:あきこちゃん、オープンちゃんグッズ沢山買ってたもんねー!!(笑)
YUKARIN:AKIKO買了許多OPEN小將的週邊喔!!(笑)


────オープンちゃんって、
           台湾のセブンイレブンのキャラとして人気の、あの『OPENちゃん』ですね!

────OPEN小將是那個台灣7-11的人氣代表吉祥物的「OPEN小將」對吧!

AKEMI:そうです! あきこちゃんは自作のオープンちゃんの歌を歌ってたね(笑)
AKEMI:沒錯!AKIKO還唱了自已作的OPEN小將之歌(笑)

AKIKO:懐かしい(笑) リクエストがありましたらいつでも歌います(笑)
AKIKO:好懷念(笑) 有人點歌的話我隨時都可以唱(笑)


────ハハハ(笑)。
           PLEASEちゃんという妹もいるみたいですから、次はPLEASEちゃんの歌も是非(笑)。
           とにかく台湾が大好きな皆さんなんですが、
           今後もアジア公演を色々と考えているんですか?

────哈哈哈(笑)
           他好像還有一個叫做PLEASE美眉的妹妹,下次也請唱一下PLEASE美眉之歌吧(笑)。
           總之最喜歡台灣的大家,
           今後也有到亞洲演出等各方面的考慮嗎?

AKIKO:日本での展開を軸にして、海外でのライブも行っていきたいですね。
AKIKO:以在日本的發展為重心,也想去海外舉行LIVE呢。

YUKARIN:また台湾にも行けたらいいね。
YUKARIN:還能再去台灣的話就太好了。


────今後のアジアへの展開も楽しみですが、
           間もなく7月7日に自主企画を、赤坂TENJIKUで行うんですよね。
           それはどのようなイベントなりそうですか?

────今後往亞洲的發展也讓人很期待,
           但馬上就要到7月7日的自主企劃,是在赤坂TENJIKU舉行的呢。
           這是怎麼樣的一個活動呢?

AKIKO:channeling!!!結成から『111』発売までの全てが詰まったライブになると思ってます!
            ある意味『111』の集大成みたいな感じかな。
            そして、変化に向かっての “始まりの日” でもあります。
AKIKO:包含了從channeling!!!結成開始到『111』發行為止全部的一場LIVE!
            有種像是『111』集大成那樣的感覺在吧。
            然後也是另一種“開始的日子”。


AKEMI:そうだね。
            “始まりの日” でもあるんだけど、あたしは “旅立ちの日” っていうイメージかな。
            さよならしたくないけど、さよならしなきゃいけない。
            次に進まなきゃいけない。
            そんな区切りの大切な日…
            でもとにかく、大切なバンド仲間とワイワイ楽しもうよ!っていう企画(笑)。
AKEMI:沒錯。
            不過雖然說是像“開始的日子”那樣,我自己則是覺得比較像“出發的日子”這樣的印象。
            雖然不想道別,但不道別是不行的。
            不往前走是不行的。
            就是做這種區隔的重要日子…
            不過總之,就是跟重要的樂團朋友們一起打鬧玩樂喔!這樣的一個企劃(笑)。



────そんな自主企画も今回が記念すべき1回目ということで、その意気込みを訊かせて下さい。

────這樣的自主企劃這次應該是記念的第1回,請帶著這種決心說句話吧。

AKEMI:いやー、とっても不安でドキドキです。
AKEMI:吚呀-因為非常不安而心跳加速。

YUKARIN:でもとってもワクワクしてます。
YUKARIN:不過也非常興奮雀躍著。

AKIKO:大好きなバンドさんとchanneling!!!の映像を撮ってくださっている松林さん、
            皆さんのお陰でようやく企画まで辿り着けました!
            皆さんの笑顔に出会える様に素晴らしい七夕の夜にします!
AKIKO:喜歡的樂手們及拍攝channeling!!!影像的松林先生,
            託大家的福到企劃為止雖然辛苦也鏓算到達了!
            希望可以成為一個和大家笑容相遇的美好七夕。



────では最後に、
           FREE PLANET MUSIC WEB MAGAZINEを読んでいる
           皆さんに一言ずつメッセージをお願いします。

────那麼最後,
           請給現在正讀著FREE PLANET MUSIC WEB MAGAZINE的大家一句話吧。

YUKARIN:楽しい夏の思い出をつくりたいと思います!
YUKARIN:想要創造美好的夏日回憶!

AKEMI:是非、7月7日の企画に遊びにきて下さい!!
            channeling!!!が浴衣で皆様をおもてなしするとかしないとか?(笑)。
AKEMI:請務必要來7月7日的企劃找我們玩!!
            channeling!!!到底會不會穿浴衣迎接大家呢?(笑)


AKIKO:皆さん是非是非、遊びにきて下さいね♪ channeling!!!をこれからも宜しくね♪
AKIKO:大家請務必務必一定要來玩喔♪ channeling!!!以後也要請你們多多指教♪




WEB TV Vol.4 | channeling!!! COMMENT and LIVE in 春天吶喊2012


channeling!!!
Vo./Ba. YUKARIN
G./Cho. AKEMI
Dr./Cho. AKIKO

■LIVE SCHEDULE

channeling!!!presents 「たいやきロックvol.1」

7月7日(土)
赤坂club TENJIKU
open 18:00 start 18:30
adv 1,500yen+1drink(浴衣を着てきた方は1000yen)

band
channeling!!!
来門(smorgas)

For A Lark
CATS★EYE

■LINK
Official:http://channeling.asia/
Facebook:http://www.facebook.com/channeling.japan
MySpace:http://www.myspace.com/channeling-japan
INDIEVOX:http://www.indievox.com/akeshefrance
豆瓣:http://site.douban.com/channeling
新浪微博:http://weibo.com/channeling